運動は筋力や体力をつけるだけでなく、脳を元気にしてくれます。

最近の脳科学の研究では、運動をすることは筋肉をつけたり

病気に負けない強い体を作るだけでなく、

脳も元気にしてくれることがわかっています。

運動することで脳機能が向上して集中力が高まり、

子どもの学力を上げることにもつながります。

ただし、ただ体を動かせばいいのではなく

子どもが楽しく運動するということが一番のポイントです。

楽しく取り組むことができる「運動遊び」で

子ども達の心と体と脳を元気にしていきましょう。

 

今日は最も基礎の動きの「クマさん歩き」のご紹介です。

ハイハイの姿勢からお尻を上げて膝をつかないようにします。

両手は大きくパーに開いてつき、顔は前を向きます。

手の指が曲がって半開きになっていたり、

顔が下を向いていたりすると怪我をする危険があります。

最初にしっかり見本を見せたり、わかりやすい動機付けをして

子ども達がポイントを押さえた動きができるようにしましょう。

 

ただ、最初のうちはあまり形にこだわって注意ばかりすると

子ども達のやる気や集中力を削いでしまうので、

指導者は気をつける必要があります。

子ども達も、指導者自身も楽しみながらできることが一番です。

考えすぎず、楽しく一緒に運動することが大切です。