衝突事故の危険が少ない「くっつき鬼」で集団遊びをし、社会性を養いましょう。

子ども達にとって集団遊びは、ルールを作ったり守ったりすることで

社会性の力を育てるとても良い遊びです。

中でも鬼ごっこは、とても頭を使う遊びなのでおすすめです。

自分も周りの人も動きながら、常に鬼の位置を意識して動き、

この先どの方向に逃げていくか考えながら遊ぶので、

頭の中でいろいろな情報処理を一度に行ないます。

 

ただ、普通の鬼ごっこでは子ども同士の衝突事故が多く発生し、

怪我をするリスクが高くなってしまうので、

「くっつき鬼」という遊びをご紹介します。

まず、子ども達を3人ずつのグループにわけ

横一列に並んでホールのあちこちに座ってもらいます。

そしたら、鬼を1人、逃げる人も1人にします。

逃げる人は3人ずつ点在しているグループのどこかすきなところの

一番端っこにくっついて座ります。

そしたら、逃げてきた子がくっついたのとは反対側の子が

今度は逃げる人になります。

 

この遊び方では、いつも逃げる人と鬼が1人ずつなので

衝突事故はほとんど起こりません。

また、逃げる子のくっつく場所を見ていなければいけないので

全員が退屈することなく遊ぶことができます。

安全で楽しいくっつき鬼を、ぜひやってみてください。