段階に合った指導で子どもの怪我を減らすことができます。

子ども達が運動をした時に怪我をする場面は、

子どもの運動能力に合っていないものを行なった時に多く起こります。

例えば、まだ腕の力が全然備わっていないのに、

腕で全体重を支えるような動きを行なわせれば

当然支えきれずに転び、顔などに怪我をしてしまいます。

このようなことを避けるために、子どもをよく見て、

段階に合ったものを提供することがとても大切です。

 

今日は、跳び箱に慣れ、高所感覚を養いながら

膝のクッションを使って安定したバランス感覚をつけるための遊び

「跳び箱からジャンプ」のご紹介です。

1段の跳び箱を用意し、上に乗ったら両足をくっつけてマットに跳びおります。

着地の時に膝を曲げて力を吸収させるようにしましょう。

膝を曲げたジャンプや着地は、縄跳びの上達にもつながります。

 

最初に指導者が良い見本、悪い見本をわかりやすく見せて

ポイントを明確にしてから、子ども達が真似できるようにしましょう。