「ぞうきんがけ」で必要な力をつけ、バランスの良い身体を作りましょう。

昔は日常的に行なわれていたぞうきんがけも、

今ではあまり見かけなくなりました。

それによって子ども達の腕や足の力、体幹の力も弱くなり、

今はぞうきんがけができない子どもがたくさんいます。

だからといって、昔のように行なうことは難しくなったので、

運動遊びプログラムの中にも取り入れています。

 

要領は通常のぞうきんがけと同じですが、

コースを数種類作り、遊び方も工夫することで楽しくできます。

コースはまっすぐの他にジグザグや円のコースを作ります。

最初にまっすぐのコースができたら、次のコースに挑戦します。

全員ができるようになってきたら、

競争や、リレーのようにして遊んでも楽しめます。

そうすると、お友達の姿も見ながら遊ぶことができます。

 

ただぞうきんがけをしてもつまらないので、

子ども達と一緒にルールや遊び方を考えたり、

他の動きと組み合わせたりして、楽しく遊べるように

いろいろなアレンジを加えていくことが大切です。