幼児期からいろいろな体の動かし方を知り、動ける体を作りましょう。

保育園や幼稚園、小学校などでも行う運動の、

鉄棒、マット運動などでは逆さまの状態になることが多く出てきます。

これは、赤ちゃんの頃から親子のふれあいの遊びなどで

逆さまの感覚が身に付いている子どもはあまり抵抗なくできますが、

逆さまの世界に慣れていない子は怖さから体が硬くなってしまい、

鉄棒などで逆さまになることができません。

このような恐怖心は、小学生くらいになってからでは

取り除くことが困難で、時間もかかることが多いので、

小さいうちから簡単な遊びの中で逆さ感覚を身につけておくことが大切です。

 

例えば、抱っこした状態から背中と首をしっかり支えながら

後ろに倒していって子どもを逆さまにしてみたり、

肩車の状態から足をしっかり持って、後ろにそっくり返って

逆さまになり、自分で戻ってくるというような遊びも、

安全を確保した上で段階に応じて行ってあげることで

力が自然と身に付いていきます。

 

幼児期にいろいろな体の動かし方を経験し知っておくことで

運動面だけでなく、心や脳の発達にも良い影響を与えます。

動ける体を手に入れることで、子どもの将来の可能性を広げ、

怪我のリスクも減らすことができます。

しかも、体育指導のような技術習得だけがメインのものではないので、

子ども達は遊んでいるだけで力をつけていくことができ、

語彙力の発達や、社会性を身につけることもできます。

 

アレンジ次第でいくらでも遊び方があるので、

ぜひ多くの子ども達に提供していきたいと思います。