ギャロップで足腰の強化をはかり、姿勢保持のための力をつけましょう。

今日ご紹介するのは「ギャロップ」です。

ギャロップは、スキップの前段階の動きです。

片方の手と足をリズム良く動かして一定のリズムで進むことが大事です。

スキップもギャロップも、ずっと同じリズムを維持して行うためには、

前頭前野でリズムを記憶しておかなければいけません。

そして、記憶したことを忘れずに留めておき、

それを引き出すといった記憶の操作ができるようになると、

先を見通すことができるようになるので、

運動の場面だけでなく、日常生活の中でも役に立ちます。

 

このギャロップの時に、姿勢が悪かったりふにゃふにゃしている子は

積極的に基礎筋力を育てていく必要があるので、

指導者は注意して見極めることが大切です。

足腰を強くすることも、普段の姿勢作りや維持に関係してきます。

姿勢の悪さは学習能力にも影響を与えます。

足腰や腹筋背筋などの力が弱い子には、

繰り返し取り入れて力をつけられるようにしていきましょう。