2本の平均台渡りで、広い視野で周りを見ながら遊ぶことができるようになります。

子ども達はサッカーなども遊びも好きです。

サッカーは、ボールと一緒に味方や敵の動きも視野に入れながら

全体を見て動いたり、ボールを蹴ることが必要な遊びです。

サッカーの上達のためには、ボールを蹴る練習はもちろんですが、

視野を広くして動くことを身につけることも大切になります。

 

今日は、動きながらも広い視野で見る力を育てる運動遊びの紹介です。

2本の平均台を少し離して平行に並べて、その上を静かに歩きます。

落ちないようにと足元ばかり見ているとバランスを崩しやすいので、

数メートル先と足元の両方を見るようにしながら

速くなくて良いので、落ちないように進みます。

 

足の親指で狭い足場を確認しながら、

目線を複数の場所に向けてバランスを崩さないように歩くことで、

自分の目と足の距離感も正確につかめるようになり、

動きながら周りを見ることができるようになってきます。

 

また、バランスを取ることで体幹の力もつき、

普段の姿勢作りにも効果が期待できます。

平均台の下にはマットを敷いて、

安全を確保しながら楽しく遊んでいきましょう。