クマさん歩きの応用遊びの紹介です。人と動きを合わせる遊びで社会性の向上を促しましょう。

子ども達は、友達と一緒に遊ぶ経験、集団遊びを通して

他人との良好な人間関係を築き、社会生活を営む能力を身につけていきます。

人間関係は、幼児期から大きな比重を占める問題です。

幼稚園や保育園、小学校に上がってからも、

友達がなかなかできない、みんなとうまく遊べないなどのことは

子どもにとって大きな悩みになります。

小さい頃からの親子間でのやりとりや教育で、

他人への気付きや理解をし、自分を抑制したり主張することを覚え

いつまでも自己中心的な行動や発言をすることがないように

しっかりと大人が導くことが大切なことです。

 

さて、今日ご紹介するのはクマさん歩きのアレンジの遊びです。

2人一組になったら、1人は床に体をまっすぐにして寝転がり

さつまいもに変身します。

もう1人はその上に覆いかぶさるようにしてクマさんになり、

2人で息を合わせて進んでいきます。

特にクマさんの子がしっかりとさつまいもの子の動きや

ペースを見て合わせることが必要になります。

自分のペースでどんどん進んでしまうと、

さつまいもの子を踏んでしまったり、

バラバラの方向に進んでしまったりして成り立ちません。

 

人と動きを合わせようとすることは、

社会性の能力をとても育ててくれます。

お互いを意識しながら、また進む方向も確認しながら行うことで

空間認知や社会性、コミュニケーション力なども上げていきましょう。