怪我の多い現代の子ども達。全身を使う動きで、怪我をしない身体作りをしましょう。

近年の子ども達は、体育の授業でドッヂボールや跳び箱などをするだけで

手首や足首などを怪我してしまったり、

動きなれていないことですぐに転んでしまったりする子が多くいます。

昔のように遊びの中で体を支える腕の力や

ジャンプする脚力、ボールを避ける瞬発力や判断力など

いろいろな力をつけることが難しくなっているので、

大人が遊ぶ場所や環境作りを提供することも必要になっています。

日常的に体をしっかり動かすことで心も体も脳も健康になり、

怪我をしない丈夫な体を作ることができます。

 

今日は運動遊びプログラムの「手たたきスキップ」のご紹介です。

スキップをしながらリズムに合わせて手をパチパチとたたきます。

足はリズム良くスキップの動きをしながら、

それにあわせて手をたたくので、両方に意識を向ける必要があります。

どちらかだけなら簡単かもしれませんが、

同時に行うのは難しい子もいます。

繰り返し行うことで、上半身と下半身をうまく連動させ

体の動きをコントロールできるようにしていきましょう。

 

なかなかうまくうかない場合は、

手をたたかずに腕を振ってスキップだけの練習をし、

リズム良くスキップができるようになったら

手をたたくことをプラスして上達を目指しましょう。

スキップは跳躍力、足の指先の力、リズム感などを育てる

とても良い動きなので、日常的に取り入れていきましょう。