ゲームのやりすぎは脳に悪影響を与えます。親子のコミュニケーションで脳を活性化させましょう。

近年問題視されている子ども達のゲームのやりすぎは、

視力の低下や姿勢の悪さにつながり、脳にも悪影響を及ぼします。

ゲームの時間は短時間に決め、体を動かす時間を増やし、

子ども達の心と体の健全な発達を促さなければいけません。

ただ、子ども達に「運動しなさい」と言っても難しいと思います。

子どもは何よりも楽しさがなければやろうとしません。

楽しく遊びながら力をつけることができる運動遊びで、

効果的に能力の向上を目指していきましょう。

 

今日は運動プログラムの「ウルトラマンジャンプ」です。

ウルトラマンになって島をジャンプしていく遊びです。

マットを何枚か用意し、50~80センチほど間隔を空けて床に置きます。

子ども達はマットの上だけをジャンプして渡っていきますが、

注意点は、両足を閉じて跳ぶこと、腕を振って跳ぶこと、

着地の時に尻もちをついたり、力を抜いて膝をついてしまわないことです。

足を閉じて跳び、着地もしっかり止まることで

脚力や腹筋なども育てることができます。

そして膝を曲げて腕振りで反動をつけて大きく跳ぶことで、

上半身と下半身の連動性を高めることができます。

自分の体を上手にコントロールして、跳んでいきましょう。

 

また、マットとマットの距離を一定ではなくランダムにすることで、

跳ぶ前に頭の中で動きのシュミレーションが行われ、

さらに脳が活性化します。

1つの遊びでも様々な工夫を取り入れ、

楽しくいろいろな力を発達させていきましょう。