鉄棒の「さるクレーン車」遊びで姿勢作りに必要な筋肉を養いましょう。

子ども達に運動指導をする時には補助が必要になります。

運動遊びでの補助のポイントは、子どもが全力の力を出しても

まだ足りないところを補助してあげるということです。

自分の力でできるようにならなければいつまでたっても力がつきません。

なので、大人が全部補助してあげるのではなく、

子どもが”自分でできるようになるための”補助を意識して行いましょう。

 

今日ご紹介するのは「さるクレーン車」です。

鉄棒にぶらさがって足を上げたおさるさんの状態で、

下に置いてある積み木やブロックなどを足を使って持ち上げ、

前にいる指導者に渡したり、かごの中に入れます。

腹筋や太ももの力を養う遊びなので、

持ち上げた物をできるだけ高い位置まで運べるようにしましょう。

 

 

下に置いてある物をうまく足で挟めない子もいるので、

足の指先でつかむ見本を見せてから行いましょう。

長い時間足を上げていることができず補助が必要な場合は、

少しだけ足を持ち上げる補助をしてあげ、

子どもができるだけ自分の力でがんばれるようにしてあげてください。

子どもの力を伸ばしてあげられるような補助を目指しましょう。