楽しい運動遊びで、子どもの心と体の成長を促しましょう。「へびとカラス」遊びのご紹介です。

子ども達は、何かやらされている時には

なかなか集中して取り組んでくれませんが、

楽しい時には時間を忘れて集中して取り組むことができます。

子どもに身につけてほしいことがある時、

ただやらせたり押し付けたりするのではなく、

楽しさを感じながら自らやりたいと思えるようにすることで

力の成長を促すことができます。

 

今日は、集中力、判断力、体の柔軟性などを育てる

「へびとカラス」遊びのご紹介です。

指導者2人が縄の両端を持ち、子どもの前に立ちます。

そして、「へびがきたぞー!」と言った時は、

縄を子どもの足元をすくうように動かすので、

子どもは縄に当たらないようにその場で跳びます。

「カラスがきたぞー!」といった時は

縄を子どもの頭を上をスライドさせるように動かし、

子どもは頭を押さえてしゃがみます。

 

この動きを繰り返しますが、だんだん速くしたり、

ランダムにしたりすることで長い時間楽しんで遊べます。

素早く判断して動かなければいけないので、

集中力、聞く力、俊敏性なども育ちます。

 

楽しい遊びがたくさんの運動遊びプログラムで、

子ども達を健康な体にしていきましょう。