楽しい運動遊びで、怪我をしない身体作りをしましょう。

現代の子ども達は、昔のように木登りやのぼり棒で遊ぶことが

極端に少なくなっています。

これによって、腕の力や足の力、腹筋背筋などの

基礎的な筋力がとても不足しています。

これでは、体育の授業などで怪我をすることがなかなか防げません。

 

今日は、腕の力を育てる遊び「レスキュー隊」のご紹介です。

床から30センチくらいの高さになるように大縄などの縄を張ります。

この縄に下に仰向けに入り込み、両手で縄を持ちます。

足は膝を曲げてお尻から少し持ち上げ、下半身を丸めるようにします。

その姿勢で、両手で縄を引き付けるようにしながら

上に向かって進んで行きましょう。

腕の力だけで進むので、腕を引き付ける力が育ち、

鉄棒の練習にもつながります。

スムーズに進めるようになったら、

だんだんスピードを上げられるように練習してみましょう。

 

腕の力をつけることは、怪我予防にとても効果があります。

ぜひ日常的に行っていってほしいと思います。