画面より、お友達を見て遊びましょう。周囲を意識しながら遊ぶことで社会性の発達を促せます。

子ども達は社会性という力も、遊びの中で身に付けていきますが、

画面を見てゲームばかりしていると必要な力も身に付きません。

お友達とたくさんコミュニケーションをとって、

一緒に体を動かして遊ぶことがもっと増えると良いと思います。

 

今日ご紹介するのは「合図で前転」という運動遊びです。

マットを細長く並べて、子ども達はマットの端に一列に並びます。

両手と頭をマットにつけて前転の準備の姿勢になります。

そのままの姿勢で、指導者が合図を出したら一斉に前転をします。

合図があるまで前転の姿勢で待つこと、

お友達と動きを合わせられるように意識することで

社会性の他にも集中力、聞く力なども育つので、

合図の出し方も途中から少しひねってみると良いと思います。

また、前転の姿勢で待つ時に、普段使わない筋肉を使うので

とてもおすすめです。

適度にじらしながら遊んでみましょう。