音を立てない忍者遊びで体をコントロールする力をつけると、転びにくくなります。

普段の生活で、よく転んでしまう子とそうでない子がいます。

よく転んでしまう子は、自分の体の動きが

うまくコントロールできていないことがあるので、

今日ご紹介する「忍者ダッシュ」で遊んでみてください。

 

名前の通り、忍者のように足音を立てずに静かに走ります。

音を立てずに走るためには、姿勢を低くして

つま先歩きですり足のように足を運ぶことがポイントです。

足を高く上げるとドタドタ音がしてしまうので、

この違いを最初に指導者が見本を見せてから行うと良いです。

 

「足音がすると敵に見つかってつかまっちゃうよ!」と声掛けすると

足音を立てないようにする意識がより高まります。

子ども達が自ら意識できるようにしていきましょう。

 

この歩き方は普段と体の動かし方が違うので、

体の動きをコントロールする調整力が養われます。

これによって、転びやすい子もだんだん転ばなくなります。

自分の体が思うように動くと、運動が楽しくなるので、

ぜひ、子ども達の調整力も育ててあげてほしいと思います。