発達の段階に合った方法で自然に技術の習得ができます。「カエルの跳び乗り」で跳び箱の練習をしましょう。

保育園や学校などでも取り入れられることの多い跳び箱は、

一度苦手意識を持ってしまうとなかなか克服できません。

小さい頃から遊びの中で必要な力をつけていき、

体の動かし方などを身につけることで、恐怖心を抱くことなく

跳び箱や縄跳び、鉄棒などの運動もできていきます。

 

跳び箱の開脚跳びにも、段階があります。

いきなり跳ぶのではなく、腕や足の力、動きの理解など、

順序を追って習得していけるようにしましょう。

 

柳沢運動プログラムには跳び箱の練習につながるものが

たくさんありますが、今日は「カエルの跳び乗り」のご紹介です。

まずカエルさんは、足を開いてしゃがみ、手は中にくっつけてつき

手足同時にジャンプしていく動きです。

これで跳び箱まで進んでいったら、跳び箱のできるだけ奥に手をつきます。

膝を曲げて体重を後ろに下げてから「1.2の3」でジャンプし、

跳び箱の上に足の裏で跳び乗ります。

 

この遊びで手をつく位置や、手でしっかり体を支えて

足を股関節から大きく開いて跳ぶことを覚えましょう。