子どもの心と体の発達を促す運動遊び「おつかいカンガルー」で縄跳びの練習です。

柳沢運動プログラムの中の跳躍力をつけるための

カンガルー跳びは、両足を閉じてくっつけた状態で跳びますが、

子ども達は活動の中で跳ぶことだけに意識が向いてしまい、

足が開いてしまいがちになります。

そんなときに「足を閉じて!」と言っても

なかなか続けてやることが難しいので、声掛けを工夫します。

足と足の間に魔法のノリを塗ってあげるのも良いですが、

今日ご紹介するカンガルーさんのように足で物を挟んでも良いです。

 

今回はお手紙を届けるという設定の中で、

足の間に紙を挟んで跳んでみます。

足をピタッとくっつけて跳ぶので、ふらふらしないように

バランスを取りながら腕振りの力も使ってリズム良く跳びます。

腕の振りをうまく連動させて跳べるようになると、

大縄跳びに移行してからスムーズに跳べるようになります。

 

段階を追った遊びを提供し、子ども達が成功体験を増やしながら

技術を習得していけるように工夫していきましょう。