動ける体を作り、自分の体をコントロールする力を身に付けさせてあげましょう。

運動不足や体力低下が指摘されている現代の子ども達ですが、

自分の体が思うように動かせるようになると

動くことが楽しくなり、どんどん動いてくれるようになります。

私達は楽しく遊びながら能力アップできる柳沢プログラムで、

子ども達の心と体を育てています。

 

今日は、「なぞなぞ横跳び」のご紹介です。

赤や緑などの色違いの縄を2本床に平行に置きます。

子ども達は縄の間に入り、指示されたほうの縄を跳びこします。

最初は「赤」や「緑」と色だけの指定にし、

慣れてきたら「トマトの色」「きゅうりの色」や、

「緑じゃない色」や「黄色(ない色)」など、

指示の出し方をアレンジしていきます。

考える力、判断力、イメージ力、語彙力の刺激にもなります。

そして、横跳びでバランスをくずさないために

バランス力なども身に付く遊びです。

日常的に行うことで、子ども達の能力は確実に上がります。