育児には、子どもの自主性を育てる接し方を心がけましょう。

小学生くらいになると目立ってくるのが、

「やる気がない」「自主性がない」子どもの姿です。

子どもが何かやろうとした時に、いつも手助けをしてしまったり、

危ないからと止めてしまったりすると、

子どもは何にもチャレンジすることができなくなってしまいます。

何かにチャレンジして「できた!」という成功体験が

自主性を育て、自己肯定感も育てていきます。

親が「待つ」ことができるようになることも大切です。

 

さて、今日は逆上がりの練習になる「サルのボールつかみ→投げる」

という運動遊びのご紹介です。

鉄棒にぶらさがっておサルさんになったら、

下にあるボールを両足で挟んで持ち上げて投げます。

できるだけ遠くに投げられるように、

体を前後に大きく揺らして、体が前に行ったときに

タイミングよく足の力を抜いてボールを離すことがポイントです。

この動きを繰り返し行うことで、逆上がりに必要な力がついてきます。

段階を追って練習することで、最初はできなかった運動も

自然にできるようになります。

子どもがたくさんの成功体験をつめるようにしてあげましょう。