発育発達の個人差が大きい1歳児。周囲と比べて気にしすぎないことが大切です。

赤ちゃんから1歳頃になると、体もどんどんしまってきて、

言葉も意味のある言葉をいくつか発することができたりします。

それも、ただの口真似ではなくちゃんと意味をわかって

言えているのがこの時期です。

言葉が出るのが遅くて、「あー」くらいしかいえない子も、

親の話していることは理解できていることがほとんどなので、

「ちょうだい」といった時にものを渡してくれたら、

きちんと言葉が理解できている証拠ですね。

 

言葉の発達は、日常生活の中でどれだけコミュニケーションをとってきたか

ということによっても差が出てくるので、

日ごろから積極的に子どもとコミュニケーションをとりましょう。

今日ご紹介する運動遊びも、語彙力をたくさん刺激するものです。

子どもはかけっこのように一列に並んで、

合図があったらダッシュします。

この合図の出し方を事前に決めておき工夫することで、

集中力や判断力、理解力も刺激できるのです。

例えば手を叩く。「〇〇」と言ったら。赤いカードが出たら。

少しひねって「女の子じゃない人」など、アレンジして楽しみましょう。

子ども達が自発的に動けるようになってきます。