生後3ヶ月頃には追視が始まります。五感を刺激するような遊びを取り入れましょう。

生後すぐにはあまり見えていなかった目も、

3ヶ月頃になると焦点が合うようになり、

目で物を追う追視が始まってきます。

首もしっかりしてくるので、だんだん活発に動くようになります。

五感を刺激することで感情を育て、脳を活性化させてあげましょう。

いろいろな色やにおい、音、触れた感覚などで

たくさんのことを経験させてあげることが大切です。

家の中ではできるだけ裸足ですごしたいものですね。

 

生後3ヶ月頃から始まる、動いているものを目で追うという力は

幼児期になっても育ててあげることで発達します。

今日は、代表的な遊びの「大縄跳び」です。

大縄を跳ぶときには動いている縄を目で追いながら、

タイミングを合わせて中に入って跳ぶことが必要になります。

まずは縄を回さない小波跳びなどで練習しますが、

できるようになってきたら大縄跳びにチャレンジです。

 

最初は3人くらいで並び、大縄を連続で跳びます。

このとき、苦手意識のある子は一番後ろにつくと、

前の子に合わせながら跳べるので跳びやすくなります。

人をよく見てあわせることは社会性も育ててくれます。

遊びながらたくさんの能力を身につけていきましょう。