カメのポーズで柔軟性アップ!長引くイヤイヤ期にはスキンシップやコミュニケーションも有効です。

子どもが2歳前後になるとイヤイヤ期が始まってきます。

お母さんにとってはとてもストレスのたまるものですが、

正常な成長の過程なので上手に乗り切っていきたいものですね。

このイヤイヤ期が3歳を過ぎてもおさまらないなど

長引くときには、よりスキンシップやコミュニケーションをとることで

少しずつよくなっていくこともあります。

たくさん子どもと関わってあげることを意識してみると良いかもしれません。

 

今日ご紹介する運動遊びは、家でもできる「カメのポーズ」です。

うつ伏せに寝て、背中を反らせて足首をつかみます。

そしてゆらゆら揺れてみます。

単純な遊びですが、腹筋、背筋、腕や足などの強い筋力と

柔軟性を刺激するものです。

ここからマット運動での後転や側転につながっていくので、

言葉遊びなども交えて楽しく遊べるようにすると良いでしょう。