跳び箱の練習になる「障害物ウシガエル」で先を見通す力も養いましょう。

体を動かすことで子どもの体は発達し、脳の活性化や

集中力アップ、そしてやる気を出させることもできます。

しかし、ただ運動すればいいのではなく、

一番大切なポイントは楽しく運動するということです。

 

私たちは、子どもが運動遊びで楽しく体を動かして運動を好きになり、

心も体も脳もどんどん成長していけるような活動をしています。

 

今日はその運動プログラムの中の「障害物ウシガエル」のご紹介です。

床にフラフープなどで障害物を作ります。

その障害物に当たらないように、ウシガエルさんに変身して進みます。

どこに手足をつけば当たらずに進めるか考え、

障害物との距離感を正確に捉え、

まずは手をついてから、次に足でジャンプします。

腕にしっかり力を入れて転ばないように気をつけます。

 

子どもの意見も入れてみたりして

障害物の置き方を工夫したりしながら、

楽しく、目標を持って行えるとより良いものができます。

 

普段行わないような動きでしっかり基礎力を養いましょう。