積み木拾いでコミュニケーション力をつけると共に、数、色、形の認識の確認ができます。

3歳、4歳ころの年少さんになると、

だんだん数や色の認識ができるようになってきます。

 

今日は「積み木拾い(3個まで)」のご紹介です。

この時期では3つまで認識できれば十分だと思います。

 

まず、色や形の違う積み木を用意して、床に散らばせます。

そして始めのうちは、数だけの指定をして指示を出しますが、

ただ「積み木を2つ拾ってきてください」だと

お勉強のように感じてしまう子どももいるので、

必ずストーリー仕立てで導入します。

「畑から野菜を3つ拾ってきてください」などと

声掛けすると、イメージする力も刺激になります。

慣れてきたら、色や形の要素も加えます。

「赤い野菜を1つと、緑の野菜を2つ拾ってきてください」

「丸い野菜を2つと、四角い野菜を1つ…」

などいろいろ工夫してみると、子ども達も楽しみながら

集中して話を聞き、理解力も高まり、よりよい運動遊びになります。

 

相手に意識を向けて話を聞いて理解しようとしているか、

その内容を覚えていて実行することができるか、

ポイントはたくさんあるので、子ども達の様子をしっかり観察しながら

提供することがとても大切なことになります。