〇×グーパーで語彙力、判断力や抑制力も養います。

子どもの語彙の数は個人差が大きく、

今までのどれだけコミュニケーションをしたかなどによっても違いますが、

これからどんどん必要になるので、どんどん養いましょう。

 

〇×グーパーでは、指導者が出すクイズの答えが

〇だったら手足を大きく広げたパーを表現し、

答えが×だったら手足を小さくしてグーを表現します。

 

子ども達はとても楽しくて盛り上がりますが、

クイズを出しているときはおしゃべりを我慢して

静かに聞かなければわからいので、ここで抑制力も育ちます。

お友達の動きを真似しているだけの子がいたら、

ちゃんと自分で判断して動けるように位置などを変えてあげます。

 

全員が楽しくできるように、最初は性別や色など

簡単な質問から行うことが大切です。

子ども達の語彙力を遊びの中で養っていきましょう。