こうもりなぞなそゲームで鉄棒遊び。楽しく運動能力を身に付けよう。

3歳頃になると、自分ができたことを親や保育園幼稚園の先生に見せて、

認めてもらいたい気持ちが強くなります。

子どもから「見て!」と言われたらちゃんと見てあげて、

たくさん褒めてあげることが心の安定や発達につながります。

家庭や保育園幼稚園でもそんな関わりができると良いと思います。

 

今日は鉄棒の「こうもりでなぞなぞゲーム」の紹介をします。

鉄棒につかまったら両足を上げて逆さまになり、

鉄棒に膝をかけてこうもりに変身します。

そのままの姿勢で、先生が出すなぞなぞに答えます。

難しかったら簡単な質問でも良いです。

逆さまの状態で話をよく聞いて、考えて答えなければいけないので、

いつもよりも集中力が必要になります。

逆さまの感覚を養っておくことで、いろいろな動きへの抵抗や

不安感が減るので、たくさん経験させてあげましょう。