カップタッチうさぎで集中力、判断力も身に付きます。

子供にとって持久力運動は、辛くてやりたくないものだと思います。

ただひたすら同じトレーニングをするだけでは、

目標意識も薄くなり、やる気も低下し、

ただただ辛くてきついものになってしまいます。

子供はその行いに楽しさがなければ、

なかなか積極的にやろうとすることは難しく、

獲得できる能力もぐんと少なくなります。

何をやるにしても、まずは楽しいことが重要なことです。

 

今日は、膝をくっつけてジャンプするうさぎ跳びですが、

途中に赤や青や黄色のカップが置いてあるので、

タッチしながら進んでいきます。

タッチする時にはそのカップの色を声に出して言います。

持久力も、集中力や判断力も、空間認知や跳躍力もつく

いろいろな要素が含まれている遊びです。

日々行うことで、これらの力はどんどん育っていきます。