忍者で障害物渡り。ケンケンで体幹を強くしよう!

子どもは昔から、遊びの中から社会生活に必要な能力を

身につけて大きくなってきました。

しかし、現代では自分の頭で考えて何かを作ったり、

いろいろな体の動かし方をして遊んだりすることが減り、

おもちゃんがないとうまく遊べなかったり、

ちょっとしたことでも大怪我をしてしまうこともあります。

 

幼児の発達段階には、その時に応じた身につけるべき力があります。

普段の遊びでなかなか取り入れられなくなっている現代では、

大人が場所や機会を提供することも時に必要かもしれません。

 

私たちの提供する柳沢運動プログラムは、

体育指導のような技術習得が目的のものではなく、

そこまでの過程を重視しています。

子どものやる気を自然に出させ、楽しみながら能力アップできます。

 

今日は忍者に変身してケンケンで石の上と渡っていく遊びのご紹介です。

フープなどで石に見立てた障害物をいくつか置きます。

その中からはみ出ないように気をつけながら

ケンケンで跳んで渡っていきます。

空間認知や集中力、判断力、体幹、跳躍力など

いろいろな力を育てることができる遊びなので、

たくさん遊んで小さいうちから自然に力をつけておきましょう。