カエルで障害物渡り。楽しく跳び箱の練習をしましょう。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

子どもの運動能力の発達を効果的に促すためには、

無理やり体を動かさせるのではなく、

本人が楽しいと感じながら進んでやることが大切です。

 

今日は跳び箱を跳ぶ練習や、障害物を避けていくことで

空間認知や判断力、調整力など様々な力が育つ、

大きなカエルで障害物渡りをしていく遊びです。

床にフープやブロックを置き、それを跳び越しながら進みます。

大きなカエルさんなので、手の親指はくっつけるようにしてつき、

足は手の横にくるようにします。

フープは落とし穴なので、中に落ちないように

フープの外側に手をついて跳び越します。

 

これを遊びこんで、抵抗なく跳び箱の開脚跳び越しができると良いですね。