新幹線ウシガエルで跳び箱の練習です。発達を促す運動プログラムで無理なく運動しましょう。

子供の体操教室はたくさんありますが、

運動をすることによって脳機能をアップさせてくれるものは

私たちの運動プログラムの他にはあまりないと思います。

小さなステップアップを積んでいくので、

子供が達成感を感じながら積極的に取り組めます。

 

今日は「新幹線ウシガエル」のご紹介です。

これはウシガエル跳びを新幹線のようにスピードを上げて

行うもので、腕や足の負荷が増し、より力が育ちます。

2本の縄で線路を作ったら、腕は線路の中にしっかりつき、

足は線路の外へ、手よりも前に着地するように跳びます。

 

手の支持力と、足を手よりも前に持ってくる感覚を身につけて、

跳び箱を跳ぶ動きにつなげていきます。

最近は手首の弱い子供も増えているので、

遊びながら力をつけ、跳び箱でケガをしないように

順序を追って指導していきましょう。