いじわる縄跳びで大縄の練習です。

小学校の体育で大縄跳びは定番中の定番といえます。

でもこの大縄跳びが苦手という子どもも多いと思います。

大きく回っている縄の中に飛び込んで、

ひっかからないように跳ぶことは実際にやると難しいですよね。

ひっかかってしまうと恐怖心もでたり、お友達に責められたりして、

さらに苦手になっていってしまいます。

 

こうならないためには恐怖心を持つ前に、

大縄と跳ぶことに慣れ、コツをつかんでしまうことが大事です。

今日ご紹介する「いじわる縄跳び」で縄をよく見て跳ぶことを

練習し、少しずつステップアップしていけば安心です。

 

まず大縄の一方を椅子や柱などにくくりつけて固定します。

もう片方は回し手が持ちます。

縄は回さずに、大きく揺らしたり小さく揺らしたりして、

大波と小波を作ります。

床にはテープなどで四角を作っておき、

子どもはその四角から出ないようにしながら縄を跳びます。

回し手の動きをよく見て跳ばなければ

大きさの違う波にひっかかってしまうので、

顔は前を向いて回し手の方を見るようにしましょう。

 

同じ場所でジャンプをし続けることが苦手な子もいます。

その子のレベルに合わせて、少しがんばればできる程度のものを

提供してあげるようにしましょう。