「のれん押しクマ」で体力テストの結果が良くなるかもしれません。

小学校に上がると文部科学省による体力テストがあります。

これは普段体を動かすことに慣れていない子供たちには

大変なものかもしれません。

結果がよくないから今すぐ問題があるというよりは、

体を動かすことで頭がよく働き、心も体も元気になるので、

ぜひ子供たちには運動を好きになってほしいと思います。

 

今日ご紹介する「のれん押しクマ」では、

楽しく遊びながら足の裏の親指の力を育てることで

結果走るのが速くなるなどの効果があります。

今の子ども達は足の裏で踏ん張るということがあまりないので、

ぜひこんな遊びから身につけてほしいと思います。

 

やり方は、鉄棒にマットを干すようにかけておきます。

このマットの下をクマさん歩きでくぐっていきますが、

マットはけっこう重たいので、頭でマットを押しながら

足の裏でしっかり地面を蹴って進まないとなかなかくぐれません。

途中でひざをついてしまわないように

しっかり足の親指に力を入れて踏ん張ることがポイントです。

この遊びで、足裏で地面をつかむ感覚を養いましょう。