罠の下をワニさん歩きでくぐります。懸垂力、調整力、考える力を育てよう。

運動遊びでは、普段の生活では行わないような動きを

遊びの中から身に付けられるようになっています。

ワニさん歩きも、普段はしない動きで行いますが、

これに縄などで作った罠をプラスすることで、

さらにいろいろな力も一緒につけることができます。

 

椅子の足などを使って縄を張ります。

子供はこの縄に当たらないようにワニさんで進みます。

縄にあたらないように気をつけるので

低い姿勢のいいワニさん歩きができます。

ワニさん歩きでは腕の引き付ける力が育つので、

鉄棒の上達に役立ちますが、罠があることで罠との距離をはかったり、

速く進みたい気持ちを抑えたり、集中したり同時に複数の力が育ちます。

 

縄を一つプラスするだけでこれだけ違うので、

他のアレンジもどんどん加えたり楽しくできるように考えて、

より効果のある運動遊びになればいいと思います。