縄と跳び箱で障害物カンガルーに挑戦!

小学校の体育では、段階を追った練習はあまりなく、

いきなり跳び箱や大縄跳びが始まります。

普段あまり跳ぶことなどに慣れていない子供は

抵抗感を持ってしまい、どんどん運動が苦手になってしまいます。

そんな悪循環にならないように、小さい頃から

いろいろな体の動かし方を身につけておくと良いですよね。

 

今日は、縄を川に、跳び箱を山に見立てた

「障害物カンガルー」をご紹介します。

まず、2本の縄などで川を作ります。

川の終わりに跳び箱の山を設置します。

カンガルーさんで川に落ちないようにジグザグに跳びながら、

最後は跳び箱の山にジャンプして跳び乗り、

飛び降りてかっこよくポーズを決めます。

 

縄にひっかからないように跳んだり、

跳び箱の上に落ちないように跳び乗ったり、

最後まで意識を集中しないとできないので、

集中力もつき、身体地図もできていきます。

 

身体地図がしっかりできると、この動きをするのに

体をどう動かしたらいいのかがわかって、

思うように体が動かせるようになりますよ。