サルキックタンバリンで、ぶらさがる力や蹴る力、腹筋などを育てましょう。

現代の子供の遊びは、体を動かすものが減っています。

体を動かして遊ぶ場所も機会も減っているので、

大人がそれを提供してあげることも必要になっています。

 

今日ご紹介するのも昔なら木にぶら下がったりして

身に付いた力ですが、鉄棒を使って遊んでみましょう。

「サルキックタンバリン」です。

鉄棒にぶら下がってひじを曲げ、両足を上げます。

両足を揃えたままで前にあるタンバリンをキックします。

片足でキックすると勢いがつきすぎて

タンバリンが壊れてしまうことがあるので、

必ず両足でキックするように声がけしておきましょう。

 

1回キックができたら、2回、3回連続でやってみたり、

タンバリンの高さを少しずつ高くしてレベルアップしていきます。

少しずつレベルアップすることで子ども達は

意欲的にチャレンジしていくことができます。

達成感をたくさん感じることができるので、

やる気や次への意欲をどんどん育てていくことができます。