カップタッチワニで鉄棒に必要な力を養いましょう。

今の子供たちは昔に比べて外遊びが減っていて、

体力や運動能力も昔より劣っていると言われています。

遊ぶ場所や機会も減っているので、

大人がそれを提供して、子供の能力を伸ばしてあげたいですね。


今日は、基礎力をつける遊びの中で、

「カップタッチワニ」のご紹介をします。

以前もご紹介したワニさんで進んでいきますが、

途中に色のついたカップをいくつか置いておきます。

子供は、そのカップをタッチしながら進んでいきます。


約束することは、ワニさん歩きで進むことと、

カップをタッチするときにカップの色を声に出して言うことです。


ワニさん歩きで腕の懸垂力がつくので鉄棒の練習になり、

カップにタッチすることで手を出すタイミングや距離をはかるので、

空間認知力や調整力、考える力も育ちます。


カップをえさに見立てることで、ワニさんがえさを探しながら

進んでいくようにストーリーを設定して行うと

より楽しみながら行えるのでおすすめです。