ウシガエル跳びで跳び箱の練習です。幼児期からの運動遊びで楽しく能力アップ。

柳沢運動プログラムの「ウシガエル跳び」の紹介をします。

ウシガエルは大きなカエルなので、大きく跳ぶカエルさんです。


両手をパーにして前についたまま、その手よりも足が前になるように

大きく跳んでみましょう。

小さなカエルさんの跳び方よりも腕にかかる負荷が大きくなるので、

腕の支持力の発達にとても効果があり、

跳び箱を跳ぶときの動きにつながってくる重要な遊びです。


手首を傷めないように、遊びの前にしっかり手首を

ほぐして準備体操を行っておきましょう。


跳び箱は小学校の体育でも行うものなので、

幼児期に慣れておくとすんなり受け入れられ、

恐怖心を持つことなく上達していけると思います。

小学校に入ってから恐怖心を取り除くのは

簡単ではないので、小さいうちからの取り組みがとても重要です。