今日の職員研修会では、自閉症児の行動について勉強会をしました。

今日の勉強会では、自閉症児の行動について話し合いました。

自閉症の人は、他の人とは違った見方、聞き方、感じ方をするので、

人と違う変わった行動をします。

突然叫んだり、飛び跳ねたり、体を揺らしたり、ウロウロしたり様々です。


でもこの行動にはちゃんと意味があります。

何か不安を感じていて、それを落ち着かせるためにしていることが多いので、

無理にやめさせたりしてはいけません。


言葉掛けをする時は短く、わかりやすく伝えます。

あまりに混乱がひどい時は言葉掛けをしないことも有効です。

また、言葉だけで想像して理解することは苦手なので、

絵や写真を使ったコミュニケーションも必要になることがあります。

その場合も、ちゃんと伝わっているか確認しながら進めます。

自分の気持ちを伝えることも苦手なので、できるだけ理解してあげられるよう

にしていきたいと思います。