今日の職員研修会は、ダウン症についての勉強会をしました。

今日はダウン症児への対応についての勉強会を行いました。

ダウン症は染色体の異常によって起こり、

精神発達の遅れ、特有の顔立ち、多発奇形がみられるなどの特徴から、

生後すぐにわかることがほとんどです。

そして、発達はとてもゆっくりです。


筋力が弱いこともあり、運動能力の発達も遅くなります。

全身の関節の可動域が広く、無理に動かしたり

引っ張ったりすると脱臼したりする恐れがあるので、

運動指導の時には安全に行えるよう徹底しています。


また、バランスもとりにくいので階段や平均台は苦手意識が強く、

無理にやらせてしまうと恐怖心から転げ落ちたりしてしまい、

さらに恐怖心が増すという悪循環になることがあります。

なので、簡単なものから始め、レベルアップも少しずつ

子どもの様子を見て行うようにしています。


楽しくできなければせっかくの運動遊びも脳機能を上げることに

つながらないので、子どもの気持ちを一番に、

いつも笑顔で通ってもらえるような教室作り

常に意識して活動していきたいと思っています。