[初級コース]

取得までの日数

1日(6時間)

取得料金:32,400円

<運動あそび実践>

取得できる資格

運動あそび
実践アシスタント

取得のための条件

DVDの視聴又は
講演会の参加

現代の子どもで弱くなっている力を中心に、基礎的な力を育てる運動遊びについて学びます。全ての子どもを運動好きにするために必要な一連の動きについての知識を得ることができます。
子どもたちは、小さな成功体験を積むことで、多くの達成感を感じて、自発性や自己肯定感を養います。そのために、発達年齢に合わせた運動遊びを、楽しみながら実践するスキルが求められます。全ての子どもを運動好きにさせる本物のプログラムです。
卒園までに、全ての子どもの逆上がり、跳び箱、縄跳びを通して、たくさんの達成感と成功体験を提供します。

怪我をしない、安全な指導力が身に付きます。全ての子どもが運動好きになり、楽しく身体を動かし始めるでしょう。

【目標】側転・跳び箱

クマさん歩き

腕の力を養います。転んだ時に手を出し頭部を守ります。

ウシガエル飛び

床上で開脚跳びの動作を行います。自然と跳び箱が跳べます。

片足クマさん

足先を伸ばすことで側転時に足が綺麗に上がります。

【目標】縄跳び

カンガルーさん

両足を揃えてジャンプします。縄跳びの最低条件は、両足を揃えてジャンプすることです。

横跳びカンガルー

左右のバランス感覚を養います。縄跳びで着地した時に姿勢を崩しにくくします。

グーパー跳び

手足をリズム良くグーパーと動かします。一定のリズムを正確に刻み続けることができます。

【目標】逆上がり

焼き芋ゴロゴロ

回転感覚を育て、鉄棒で回転した時に怖さを感じることなく成功体験が味わえます。

豚の丸焼き

逆さ感覚を育てます。逆さの世界に慣れることで立体的な物ごとの組み立て力が育ちます。

ワニさん

両腕で身体を引き寄せながら移動します。逆上がりの腕曲げ動作につながります。

指導者として、本物の指導力が身に付きます。
保護者からも高い評価をもらえるでしょう。地域でNo.1の人材を目指して頑張りましょう!!

<子育て脳機能>

取得できる資格

[初級]
子育て脳機能
アドバイザー

取得のための条件

どなたでもすぐに受講することができます。

脳の基本的な特徴について学びます。「どうして好き嫌いがあるのか?」「頭のいい子は何が違うのか?」「何歳で何をしたら将来のためになるのか?」「早寝早起きをしないと非行にはしりやすい?」など、子どもを育てる上で必要なポイントについて学びます。

カリキュラムの紹介

食事と集中力
カフェインや化学調味料は、私たちの心さえ左右します。食事が心と脳に与える影響について学びます。

前頭前野の役割
人間が社会生活を行う上で必要不可欠な前頭前野の昨日と役割を学びます。

脳は活性化すればいいってわけじゃない
脳は活性化すればいいってわけではりません。活性化させてばかりいたら、大変なことになります。

現代の子どもの遊びの特徴
現代の子どもと昔の子どもの遊びを比較し各遊びに含まれている成長に必要な要素を学びます。

学力の高い子の幼少時代 うちの子はお受験なんて考えていないけれど、バリバリの英才教育を受けている子って、どんなことしているの?その効果と、最適な取り組みについてお伝えします。

楽しく遊ぶことの重要性 ストレスを感じながらの運動遊びは、子どもにとって悪影響を与えることが脳科学で明らかになりました。幼児期には、楽しい運動遊びが子ども達の脳を活性化させることを学びます。

早寝・早起きと学力 最近の研究では、眠っている間に記憶の定着が起こっていることが分かってきました。シッカリと記憶を定着させて賢い子を育てるためには、どんなポイントに気を付けたらいいのでしょう。

参加者の声01

重田 よ志美先生
日々、楽しい中での活動で、子どもたちの笑顔の中、無理なく身につき、私たち保育士も子どもを見る力が向上している事を、うれしく思っています。

佐藤 美和先生
子どもたちの体の発達も運動を通して知ることができ、その年齢に応じてアドバイスをしていただきとても参考になりました。